looopでんきを使ってみました

looopでんきを使ってみた

looopでんきは基本料金0円で電気代が安くなると注目されています。

意外に毎月の電気代の出費は大きいですし、少しでも安くなるのであれば使わない理由はありませんよね!

そこで実際にlooopでんきを契約して使ってみることにしました!

looopでんきの評判はこちらのページに掲載しています。

looopでんきを使おうと思った理由

looopでんきを使おうと思ったのは、夏の電気代を見たのがキッカケでした。

年々クーラーの使いすぎで1万円近い請求が来てしまったんです。

クーラー以外にもテレビや照明のつけっぱなしが多いなども原因ですが、6月と比べたら3,000円近く上がっているので…。

3人家族とは言え、子供が大きくなってくればもっと電気代は上がっていくでしょう。

少しでも節約する方法をと、ネットで検索していたときに見つけたのがlooopでんきです。

シミュレーションを試してみると、年間で1万円近く安くなるとの結果が出ました。

割引も活用できればもっと安くなるようでしたが、この時点では割引についてよくわかっていなかったのでスルーしました。

割引を使っていなくても毎月1,000円前後は安くなるとなれば魅力的です。

しかも契約も無料でできるようですし、解約するにしても違約金はかからないそうです。

ですのでlooopでんきに切り替えるにあたって、これといったデメリットは見つかりませんでした。

同じ量の電気を使っていても電力会社が違うだけで料金が安くなる…。

「これはもう試しに使ってみるしかない」と思い、早速looopでんきに申し込んでみました。

looopでんきを申し込んでみた

looopでんきはネットでしか申し込みを受け付けていないそうで、申し込み自体はサクサクと進みました。

しかもlooopでんきの申し込みページには、申し込みの流れをまとめた動画まで用意されていました。

looopでんきを申込む

ですのでこれと言った問題もなく申込みは終わりました。

申込むときに検針票とクレジットカードが必要になりますので、あらかじめ用意しておくとラクです。

「なぜ検針票?」と思いましたが、どうやら検針票の情報から、looopでんきが電力会社に解約の連絡してくれるそうです。

ですのでlooopでんきを契約するために電力会社に解約の連絡をする必要はありませんでした。

looopでんきを利用できるようになるまでの流れとしては、looopでんきの申し込みが終わったら供給開始日の案内が届き、スマートメーターの工事を行い、供給開始日まで待つだけです。

基本的に申込みが終わったら待っているだけでしたので、困ったこともありませんでした。

唯一困ったのはスマートメーターが何なのかわからなかったことくらいでしょうか?

スマートメーターは新しい電力量計のことで、メーターを変更するだけでした。

スマートメーターへの変更は無料で変更してもらえたので、本当にlooopでんきは無料で使えるようになりました。

looopでんきを使ってみて思ったこと

looopでんきを使ってみて思った
looopでんきを使ってみて思ったのは、よく電気を使う人ほど恩恵が大きいということです。

使う電気が多ければ多いほど、looopでんきと一般送配電事業者の電気代の差は大きくなります。

ちなみに今月の電気代は411kWh使って9,042円でした。
looopでんきの料金シミュレーションで調べてみると、今までの電気代であれば10,439円かかるそうです。

電気をこまめに消したり使用を控えて節約するよりも、looopでんきに乗り換えてしまった方がストレスも溜まらなくてお得であると感じましたね。

面倒な手続きもありませんでしたし、ただ電力会社が違うだけでこんなに安くなるなんて思ってもみませんでした。

割引サービスを併用すれば更に安くなるとのことだったので調べてみましたが、こちらはソーラーパネルで発電できる環境が必要になるようです。

今のところ設備を整える余裕はありませんが、後々検討していくのも悪くないと思いました。

もし少しでも電気代を節約したいのであれば、looopでんきに切り替えるだけで簡単に電気代が安くなるので、一度公式サイトで料金シミュレーションしてみることをオススメします。

looopでんきの評判はこちらのページに掲載しています。